スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
相変わらず続く シンクロニシティ
JUGEMテーマ:スピリチュアル

シンクロニシティとは

意味ある偶然」の事、だそうです。


難しいことは分かりませんが、とにかく連日実感しています。
多分私の受け止め方も以前と変わってきたんだとは思いますが…。

それにしても、図書館で普通に借りた本を読んでいても、
「わ〜また出てきた!」と
 驚くこと数回。

特別スピリチュアルな内容の本を借りたわけではありませんよ念のため・・・


ただ、生理前のPMS期に突入し、昨日あたりから以前のイライラが出てきてるみたいで。
なるべく子供に行かないよう、自分をコントロールしなくちゃ。

同じく食欲もなかなかコントロールが効かない状態です
私の一番のテーマだなぁ。


先日のヒーリング後から日にちがたち、
最近なんとなく感じていることは、あと最低2回は行ったほうがいいのかな、という事です。

合計3回。とりあえず、ですが。

初回・・・生い立ち・母との確執。幼少期の自分と向き合う作業。でした。
そして自分がマイナス思考にとらわれている時のクセを治す方法を教わりました。

2回目・・・いじめられていた当時のトラウマに関すること・・・なんじゃないかなぁと。

3回目・・・主人と付き合っていた10年間、浮気などによる疑心暗鬼のクセ。


2回目と3回目の共通点は「人間不信」と「対人恐怖」です。
私がまだ自分の中で完全にスッキリ出来ていない部分があるとするなら「ソコ」なんだと思います。

「信頼」とか、「絶対的な安心感」とか。

今やっと、自分の中の「一番きつくて辛い闇の部分」を受け止められる時期が来たんだと思って、
年内中にあと1回は行きたいと思っています。

行きたい・・・のかな、出来れば蓋をしたままで行きたかったけど・・・
このブログで「いじめ」のことを書けた事が、自分にとってはかなり大きな一歩でした。

次は、そのことを「身近な人にも言える」自分になれるかどうか、だと思います。


その日が来るのはいつなのか。
ていうか、来るのかな・・・
カテゴリ:- | 13:47 | comments(8) | -
スピリチュアル体験・・・その後
JUGEMテーマ:スピリチュアル
JUGEMテーマ:育児
 
先日書いたブログですが、改めて読み返してみると、
過去のグチグチした想いがいっぱい書き連ねてあり・・・

書いている時もきつかったのですが、読み返すたびに悲しかった出来事を思い出す上に、
たまたま目にしてしまった人にまであまり気分の良くない想いをさせてしまうなぁと思い、
いくつか削除の後、加筆修正しちゃいました。


さて、あれから何か変わったことはあったのか。

結論から言うと大いにありました。

まずは自分自身のこと。
とにかく本当に本当に気持ちが楽になりました

何かを言うとき、選ぶとき、それこそカラオケの曲を決めるなんて時も、
以前と違って「自分がしたいからする」
と自然に行動できるようになりました。
(以前はまわりの空気を読みすぎて疲れていた)

常にその場の誰かが嫌な思いをしてないか??
と気を使いすぎて、自分がどうしたいかなんて後回しだったんですよね。
自分の言葉も、色々考えた挙句の発言なのでやっぱり不自然だし、心がこもらない。

でもこれからは(もちろん意識して)自分がどうしたいか、を大切にします。

相手がどう思っているかは、自分の心の中で勝手に決めているだけであって、
相手の自由なんだから、良いほうに考えちゃえばいいやって思うようにしていきます。

ダンナとの関係もスムーズです

そして、母の事を許せたからなのか、義父母に対してもいちいち頭にきたりしなくなりましたね。
これは多分、「相手はきっとこう思って言ってるんだ!
と私の勝手な想像でイライラし、相手も同調して態度が硬化…という負の連鎖がなくなったことと、
自分の幼少期に親にたっぷり甘えられなかったので、
一人っ子のダンナとその両親の「密な関係」に歯軋りするほどの嫌悪感を抱いていたのですが、
それはきっと「嫉妬」だったんだなぁと気づきました。

それからもうひとつ。

息子との関係が良くなったこと。
子供たちにイライラしなくなったこと(多少はあるけど)。

以前のような上から目線で「親に対して敬意を払え」という無言の圧力は
とにかく消えてしまいました。
今は子供に対して敬意を払えるようになり、笑っている顔を見ていると感謝の気持ちがわいてきます。
来てくれてよかったーって

今は夏休み中だし、以前のようにママ同士の活発なやりとりがないので、
気持ちの切り替えトレーニングはまだまだ完全ではないですが、
「何かあったときにはいつでも電話してくださいね」
と例のお店の方に言ってもらえたことと、またきつくなったら行ける場所がある、と思えることが
すごく安心できるし励みになっています。

「もしかして・・・」と思ってきたことが全て「その通りです」と言われ、
自分のインスピレーションをもっと大切にして下さいと言われたことも、大きな自信になりました。
色々なことが確認できて、スッキリしたっていうのも大きいのかもしれません。

そして翌日の不思議な出来事。

ヒーリング後の深夜に自宅に戻り、それからの丸一日・・・
テレビやネット、小説、エッセイ、
どれもこれも「インナーチャイルド」「潜在意識」「自分を信じること」「見えない力を信じること」
などなど・・・・

「はい、確認ですよ???」
と言われているかのように昨日言われたこととまーったく一緒の内容がどんどん出てきて驚きました。

こういうことってあるんですね




カテゴリ:リラックス | 16:34 | comments(0) | -
スピリチュアル体験
またまた久しぶりの投稿です。

昨日まで実家へ帰省していたのですが、
弟と飲みながら話す機会があり、
そのときに私と母の、過去の壮絶なけんかの話題になりました。

彼は笑いながら、いかに自分が迷惑だったか、話し出したのです。

他にも、当時の私と母の尋常じゃない関係や、
それによって情緒不安定だった私の行動を面白おかしくしているつもりで
ペラペラと大声で話し続けました。

私はとても動揺し、喉がぐっとつまってきて、息が苦しくなり、
それでも義妹の手前、ぎこちなく笑いながら
「あたしだって色々あったんだからさ〜」と言うのが精一杯で・・・

実家に居たこともあって、その夜は過去の記憶がどんどんよみがえり、
悲しくて悔しくて眠れなくなってしまいました。

何十年の積み重ねをどうやって説明すれば弟に分かってもらえるのか、
私と母の確執は笑って話せることじゃない!
という怒りで、もうどんどん記憶が溢れてきて、
自分でもどうしていいのかわからなくなってきてしまいました。

翌日は当然一日グッタリとした気分で、弟とも最低限しか会話せず・・・
もう一刻も早く自宅に帰りたいと思っていた矢先。

たまたま遊びに来た妹が、1枚のチラシを持ってきて
「こんなのもらったよー。面白そうじゃない??」と見せてくれました。

ヒーリング、癒し、パワーストーンなどの言葉。
興味はあったけど、正直「うさんくさい」と思っていたジャンル。

いつもは病院や美容院の予約さえずるずると先延ばしにする私ですが、
なぜか即効で予約のメールを入れていました。

そして何の前知識も内容も把握しないまま、占い気分で翌日お店へ。

そこで、あまりにも自然な流れの中で、人生の転機とも言えるような経験をしました。



インナーチャイルドを癒す、という経験でした。



セラピストの方は、ヨガの先生もしていて、友人といってもおかしくないような爽やかな印象の女性。

そして気づくと、(心療内科であれほどやってもらいたかった)カウンセリングに自然の流れで入ていました。

何より驚いたのは、その方には私が話していないことででも、すべて見えているようでした。
そこで話した内容は割愛させてもらいますが、なぜか私は相手がすべてわかっている様子を
当たり前のように受け入れていました。

彼女には私の胸の辺りに「小さい頃の傷ついている私」が見えていたようで、
それをごく自然に指摘されたときは正直、衝撃を受けました。
でも、やっと見つけてもらったような、胸が締め付けられるような安心感もありました。

カウンセリングの最中、今考えると私であって私じゃない誰かが答えているような不思議な気分で、
問われるままに感情と涙がポロポロあふれ出てきていました。

泣いている自分をどこかで「恥ずかしい」とも思っているんです。
でも止まらないんですよね。


そしてもうひとつ。

息子との関係です。

自分が母にされていやだったこと、言われたくなかったことを息子にしてしまうという、
おぞましい悩みを打ち明け、それもセラピストの方にはわかっていたようで、
「とにかくハグを、ぎゅっと抱っこしてあげてください。それが自分のインナーチャイルドを
同時に癒すことにもなるんですよ」と言われました。

息子と私は似ている、とも。
そして、何より彼を信じてあげてください、と。

全部どこかでわかっていたけど、こうして指摘されて「ああ、やっぱり・・・」
という出来事の連続で、
今まで「もしかしてこれって・・・」と思っていたことが全て「ふに落ちた」感覚でした。

それによって、自分のインスピレーションを信じていいんだ、という確認ができて
とても気持ちが楽になりました。

そして、最後にゆっくり全身をマッサージしながら、
体のエネルギーのようなものを整えてくれたのですが・・・

「リラックスして、寝ちゃってもいいですよ。心の中で、小さいときの自分に、もう十分頑張ったから、
もう大丈夫だよ。今までありがとうね、って言ってあげてくださいね。」
と言われ・・・どんどん涙が勝手に出てきてしまって、
「ああ、絵に書いたような予定調和みたいでいやだなぁ」と思いつつ、最初は戸惑い気味でした。

途中からあまりの手のひらのあたたかさに、驚きつつも感動していました。

なんというか・・・
赤ちゃんに戻って、丸ごとぎゅーって抱っこされて体中ポカポカして眠るときのような、
「絶対的な安心感」というか。

涙が勝手に出てくるのにまかせながらウトウトしていました。

そして、眠りに落ちるなぁというその瞬間、
母が昔、手作りの大きな人形を作ってくれたことを突然思い出したんです。

既製品のオモチャをほとんど買ってもらえなかったけど、母が作ってくれたその人形は
両手で抱っこするのにちょうどいい大きさで、
目鼻口は刺繍で、髪の毛は毛糸で出来ていて、名前はレディちゃん・・・。

その人形を抱いて、大喜びしている私を見て、母は笑っていました。
初めて思い出した、私が幼少期の母の笑顔。

その瞬間、私は声を出して泣いてしまいました。

私だって可愛がってもらえてたんだ、もうそれだけで十分だって。
その人形の一件だけで、母に対しての怒りが溶けて来たんです。

そうしたら、後はもう母への感謝の気持ちすらわいてきて、大きなため息とともに
お腹の奥底にあったどす黒い気持ちが出て行ったようなイメージで、
自然と顔が笑ってきてしまいました。

施術中、セラピストの方が
「お父様は・・・本当に徳の高い方だったんですね」
とつぶやいたのですが、それは父が亡くなった時、本当に沢山の方に言われた言葉で、
戒名にも「徳」という字が入っていたくらい、私にとってなじみのある響きに少し驚いてしまいました。

そして全てが終了し、鼻水をたらした私は照れくささ半分、この上ない開放感半分で
「ありがとうございました」と笑顔で言いました。

すると「お父様がいらっしゃってたの、わかりました?今一緒にやって下さってたんですよ」
と優しく言われ・・・

「ああ、やっぱり」とまたしても涙と共にふに落ちてしまった私。


私がいつも恥ずかしいと思っている「汚いひざ小僧、固いかかと」。
そこをあたたかい手でずーっと包んでくれていたとき、
いつもだったら「他人様にそんなところをさわってもらうなんて、本当に申し訳ない、恥ずかしい」
という気持ちでいっぱいになるのに、
まるで傷を癒してくれているようにいつまでも触ってくれていたあの感触、
そしてそのことを恥ずかしい・申し訳ないと思うより「安心」できた感覚・・・、
それはどう考えても「親だけが持つ、子供を丸ごと愛してくれる」感覚でした。

16才のとき父が亡くなってから、実家にいてもずっと自分の味方は居ないと思って育ってきました。
ダンナと出会い、紆余曲折の末結婚し、長男を出産してようやく「自分の家族・自分の居場所」が出来た私ですが、
20年ぶりに父を近くに感じることが出来、自分の弱い部分も
丸ごと全部愛してくれている温かい感覚を感じることが出来ただけで、
この先私はやっていけるなぁと、今改めて思います。

そして、弟や母が私をどう思おうとそれは相手の勝手。

他人がどう思っているかは、全て自分の想像でしかない。

相手がこう思った、ただそれだけ。
受け流すこと。

やらされてきたんじゃなくて、全て自分で決めて行動してきたという事実を忘れないこと。

決してスピリチュアルだけでない、大切なアドバイスの数々を忘れないようにしたいです。

まだまだ時間もかかるだろうし、あまり一気に行こうとせず、
今は第一段階突破のような状態みたいですが(笑)
とにかくこれは、私が生まれて初めて体験した、非常に個人的な出来事でした。


誰かに薦めるとか、そういう意図で書いたわけではありませんが、
自分にとっては、病院で3分診療の末もらった薬を飲んでいるとき以上に
非科学的な出来事の方が信頼できたような気がします。

相手の顔色ばかり伺って、常に嫌われないよう気を使い、
自分がどうしたいかより、相手からどう思われるか、
そればかり気にしていた「小さい頃の私」に、
少しづつ「もう大丈夫だよ」と言うクセをつけること。

それが、これからの私の「SAD」の治療法になるでしょう。

自分の自然治癒力をもっと信じようと思える、貴重な体験でした。

最後にもうひとつ余談。

今回の予約は、前日夜に「明日の3時半以降で、空いていればお願いします」
とメールしたのですが、ずっと予約が埋まっている中、翌日3時半だけ空いていたそうです。
「こういうのは本当にタイミングなんですよ〜」と笑顔でおっしゃっていました。

今回の件も、私が、これまでの事を受け入れるだけの受け皿が出来たから、
こうして偶然のタイミングでお会いできたんだと思います、との事でした。

そして最後に「エンジェルカードって知ってます?」と、
トランプのようなカードを出され、
「好きなカードを引いてもらうと、たいてい必要な言葉がでるんですよ。やってみますか?」
と言われて「やりますやります♪」とワクワクして、
カードを切るセラピストさんの手元を見ていました。

すると、カードを切る手さばきの隙間から1枚スッと飛び出してしまったんです。
「こういうのも意味があるんですよ(笑)」との事。
その後、私自身でも1枚カードを引きました。

カードの意味は、2枚とも笑ってしまうほどピッタリの言葉でした。


長々と書いてしまいましたが、決して心療内科や自律神経等の訓練を否定するものではありません。
あくまでも個人的な体験の記録として、書き記しました。

誰かの参考になってもらえればうれしいです。

カテゴリ:リラックス | 17:05 | comments(2) | -
子供は自分よりずっとずっと強くて、輝いてる
JUGEMテーマ:育児
 前回のブログを書いた頃は、本当に一人でどつぼにはまっていた時期だったようで、
ダンナに想いをぶつけてみたら「ど、どうしちゃったの??」という反応がかえってきました

それでも「元々はオレのせいだ」と心のどこかで思っている彼は、
怒ることなく受け止めてくれました。
正直「お前のせいでトラウマだ」と思いながらも…感謝している自分がいました。
少しづつだけど、緊張の場面での恥ずかしい想いや失敗談も、ダンナに話せる様になってきました。

よくよく考えてみれば、親より親友より自分を出せる相手なんだもんなぁ。

あまり私の感情の波に対して動揺しないし、小さなカミングアウトを少しづつしてみても、
全く態度が変わらないところには、すごく安心できます。

そして、いつのまにか卒園・進級・新しいクラスの懇談会ラッシュが怒涛のように過ぎていました。

どうやら私は「初対面の人見知り」なはく、むしろ「知った顔のメンバーにいつもと違う緊張している姿を見られたくない」方が強いようです。

今回気づいたのは、お兄ちゃんのクラスでは緊張MAXなのに、
妹の初懇談会では少し余裕が持てること、でした。

妹の方は天真爛漫で自分からどんどん声を掛けていけるタイプ。
甘ったれですぐ泣くけど、ケロっと立ち直るので私もあまり心配していません。

他のお母さん達からも「子供らしくて元気いっぱいだよねぇ」などと言って頂くことも少なからずありました。

でも息子は打たれ弱くてマイペースな長男タイプ。
強い子になめられやすく、気が弱いので見ていて歯がゆい事も多々あり。

でもいやな事があっても自分から話さないので、他のお母さんから聞くこともあったりして、
そんな時は私も動揺を必死に隠したり、
「ああ、このママも息子の事を弱くて情けないと思っているんじゃないか」
などと被害者意識が強くなって・・・

まるで、自分が小学生のときに戻って、追体験しているかのようなフラッシュバック?状態になり、
息子と自分の気持ちの区別が付かなくなってしまうのです。

結局自分のほうから相手との関係をギクシャクさせてしまい・・・
そんな繰り返しでした。

心のどこかで息子に対して
「あなたがそんなだから・・・」と思っていたのかもしれない。
そして、それは私の母と同じで、絶対子供に伝わってしまっていると思うのです。

無言の母の、ため息にドキドキしておびえて不安になって・・・
もう、あんな気持ちの連鎖は絶対に息子にはさせたくない!!!

だったら自分が変わるしかないんですよね。


いつになったら強くて、優しい、お母さんになれるんだろう。

息子、ごめんなさい。
もうちょっと待っててね。

お母さん、頑張るからね。
カテゴリ:SAD | 18:32 | comments(0) | -
曲を聴いて泣くとは…数年ぶりの出来事
 先日、本当に久しぶりに一人で運転して近所へ買い物に出かけた。

3人の子供はかわいい。

でも、私は本当に疲れていて、一人になりたかった。

子供の前では、どうしてもお母さんの顔になっていて、本来の自分より肩肘を張っている気がするし、
毎日帰りが遅いダンナに不満を持ちながらも、露骨に顔に出すとますます帰りが遅くなるので
一生懸命部屋を片付け、夕飯も頑張って作り…と、最近頑張りすぎていたのかも。

そして勝手に頑張って、勝手に色々疑って、勝手に落ち込んだり怒ったり・・・

私という人間は本当にめんどくさいなぁ。

いまだにダンナの過去を思い出すと何もかもが信じられなくなったりする。
それは突然やってきて、まるで間違いない出来事のように頭の中を占領し、
相手との口論までシュミレーションしてしまうのです。

いつになったらこんな想いから開放されるんだろう・・・
何度となくダンナと話し合ってきたことなのに。

そしてそんなとき、一人ドライブの車中でラジオからたまたま流れてきた曲が
清 竜人さんの「 痛いよ」でした。

最初は「男のくせに情けないなぁ(笑)でも・・・気持ちはわかるなぁ」
なんて思いながら運転していたのですが・・・

気づいたらあまりにも歌詞が切なくて、泣いてしまいました。

こんな女子高生みたいな出来事は本当に久しぶりで自分でも驚いてしまったのですが・・・

過去に相手の浮気のトラウマがあった人が聞いたら、
胸が締め付けられる曲です。

相手を信用したい。
自分が知らない出来事は、もうないよね?
もしあるなら傷ついてもいいから全部知っておきたい。
それが幸せじゃない事は十分分かっているけど。

なんて、なんか今日の日記は詩人ぶってるなぁ(笑)

でも、久々に買いたいと思った曲でした。

歌詞の転載は禁じられているので、残念なのですが・・・
同じ気持ちの方は(ちょっとだけ視聴できるので)ぜひ聞いてみてください。

カテゴリ:- | 20:11 | comments(4) | -
朗報! 怪我ならぬ…風邪の功名
JUGEMテーマ:健康
 
またまたしばらくぶりの更新です。
過ごしやすい時期もあっという間で、だいぶ冬らしくなってきました。

さて、最近ようやくお友達をお招きすることができました。
前回書いた5人組メンバーです。

子供抜きで、我が家でおもてなしランチ。
準備や掃除などでかなり大変だったけど・・・

でも気持ち的にはなんだかスッキリしました。

ずーーーっと頭の上にもやもやっと雲がくっついていた感じで、
まずこのメンバーをお招きしないと、他の友達は呼べないなぁって気になってたので

これもSAD的な真面目さなのかなぁ。

とにかくバタバタだったし、相変わらず上手な会話もホスト役もできなかったけど、
おもてなしで私の気持ちが伝わったならひとまず良かったかな〜って思っています。

そこで、タイトルの通り

「風邪の功名」

です!


昨今のインフルエンザ流行で、すっかり定着したマスクですが・・・
みなさん気づいていらっしゃいますか???

口元を隠すと、ものすごーく楽に話せるんです
これって私たちSAD仲間にとってすごい発見じゃないかと・・・!

今回5人をお招きしながらも、「あ、ちょっと引きつりそうかな」と思ったら即マスク!

一応みんなには「もう風邪じゃないんだけど子供がセキしてたから一応ね
とかなんとか言って、失礼を承知でマスクを付けさせてもらいました。

これ、学校行事やママ友さんとのやりとりでも使えます
あ、もちろん食べるときはムリですけど・・・

みなさんも是非やってみてください。
もうご存知だったら大変失礼しました
カテゴリ:SAD | 15:09 | comments(3) | -
最近「疎外感」が強いかも
JUGEMテーマ:健康
 
久々の投稿です。

現在産後4ヶ月。3人目は孫のようだとよく聞きますが、ほんとにじんわりと堪能してます
もうこれで赤ちゃんとゆっくり過ごせるのも最後だなぁ〜などと思いながら。

上の子2人もとにかく赤ちゃんの登場にテンションが上がりっぱなしで、
夏休み中はほんとによく面倒見てくれました。
むしろ学校が始まってからの方が私一人での家事育児に戻り、大変かも…

さてさて、そんな一見幸せな日々のはずが、
どうもまた最近「被害妄想」と「疎外感」がじわじわと強くなってきている気がします。

毎日幼稚園の送り迎えでの、ママ同士の短いやりとりなら全然大丈夫。
でも、長時間公園にいたり、もともと苦手な部類のママさんが輪の中にいたりすると、
うまく笑ったり出来なくなっちゃって。

さすがに産後の疲れが出てきてるなぁ〜とも思うのですが…

以前からよく遊んでいたママさん5人組も、産後自宅にお招きしないといけないのに、
とてもそんなパワーが出ないんです。
確かに仲はいいかもしれないけど…やっぱり私、どこか一歩引いてるなぁって気づいて。
しかも最近息子がその子供同士の輪に入らないのもあって(実は前からムリしていた)
子供もが苦手なメンバーを一気に迎え入れる気力が・・・

(以前からこのメンバーで集まると息子はちょっと浮いていて、もう親の都合で遊ぶのはやめようと思っていました)

多分みんな「NANAKO全然呼んでくれないよね」って思ってるんじゃないか、とか、
「ママだけで・・・」って言うのも「えーなんで?」って思うよなぁ〜とか。
朝から部屋中キレイにするのもなかなか大変な状況だし、かといって
お招きしておいて数時間で「ハイさようなら」というわけにも行かないし…

そんな感じでまた色々と考え出しちゃってます。まずいなぁ〜。

授乳中なのでソラナックスも怖くて飲めないし

ネットで「セロトニンを増やす食事」などを調べる毎日です。

カテゴリ:SAD | 12:46 | comments(7) | -
出産報告(3ヶ月前に書いたものですが…)
JUGEMテーマ:育児
 
ご報告が遅れましたが、5月初旬に無事第3子を出産いたしました。

産まれてしまえば可愛くてしょうがない新生児…
現在堪能中です
久々に「あ〜また2年間はゆっくりお風呂入ったり爆睡出来ない生活が始まるのね…」
と思い出してしまいましたが
しかも3人目ならでは、ってやつで、生まれてすぐから上の子達の行事にあちこち連れ出されています。
男の子なので、このままたくましく育って行って欲しいと思います…


さて、お話変わりますが…

続きを読む >>
カテゴリ:家族 | 10:38 | comments(0) | -
懇談会2つ終了、そして感謝の日々
JUGEMテーマ:育児
 
ようやく小学校と幼稚園の「新クラス初・懇談会」が終了しました

今回もレスキューレメディ・スプレーのお世話になりつつ…
適度に(!?)緊張しつつ、自分なりに頑張ってきました。

もちろん相変わらず「一人ずつ自己紹介」は慣れません。
出来るだけ声を出そう、と直前まで思っていても、
やっぱりなかなか難しいです

声を出す、って結構重要なことですよね。


続きを読む >>
カテゴリ:友人・人間関係 | 17:53 | comments(10) | -
春・・・新学期。
JUGEMテーマ:育児
 
ちょっと遅いけど、
家の前にある大きな桜の木が毎年本当にキレイな姿を見せてくれるので…
今年も記念にパチリ。

花吹雪が雪みたいで、すごく綺麗。
それを家から見れるだけで幸せな気分です。

桜2

そして最近息子が、習っている武道の昇級試験に合格しました

それがすごく自信につながったのか、
最近の息子は前に比べて少しずつ男の子らしくなってきているような気がします。

これまで言われっぱなしだった相手にも
「やめろよ」が言える様になっていたり・・・と、
そんなささいな変化ですが、母としては涙が出るほど嬉しいことです。

一歩一歩、彼なりに前進しているんだなぁ。

私も頑張らねば!

桜1






カテゴリ:リラックス | 14:36 | comments(7) | -
| 1/5PAGES | >>